« おてらハプン!2015 | トップページ

すしきり祭り宵宮

2008年、「守山野外美術展」として滋賀県守山市・東光寺ではじまった、現「おてらハプン!」

東光寺副住職だった川本君と、たまたまバックパッカー友達だったというだけで気軽に参加した。生ものの現代美術が溢れるカオスな現場と、数百年受け継がれたお寺や地域の神事を同時に体感できるこのイベントにすっかりハマってしまい、気がつくとメンバーと事務局を立ち上げいろいろ、いろいろあっていつのまにか8年。

Img_9376
Img_9352

(川本家母屋、着物姿の川本君/最初に青年団が来て鏡割りをする)

Img_9356

同時期の5月4日に開催される、深夜にその年の新婚さんの家を回って「ちょこぜ!」の掛け声で太鼓を叩きまくるという地域の奇祭「すしきり祭り」宵宮では、町中の人と一緒に練り歩いて、よそ者の私たちも伝統神事に触れさせてもらったりした。

「いつか東光寺にも太鼓が来ないかなー」
「川本君が結婚したら太鼓来るよねー」
「嫁さん出せーって言いたい!」

太鼓は新婚の家に3回やってきて、3回目に「嫁さん出せ!」の掛け声にかわり、お嫁さんが初めて披露される。お嫁さんが登場した後は「嫁さんの酒!」と叫んでお嫁さんに樽酒をついでもらう。

Img_9354
(振る舞いの三品。腰が曲がるまで豆に働き孝行するという意味があるそう)


その後、2012年の第5回にボランティアスタッフとして参加した郷ちゃんと今年1月めでたく結婚、なんと本当に東光寺に太鼓が来ることに!!!
しかも東光寺さんから、太鼓を迎えるお手伝いの依頼が!
そんな訳で、念願の場面に裏方として参加できることに。しかも相手がスタッフとして一緒にハプンを作ってきた郷ちゃんという…..もうこれは私たちへのご褒美!

Img_9361

実際の4日の晩は、5時にハプンを終えた後、7時から東光寺母屋で親類に混ざり食事をいただき待機。太鼓と一緒に来る提灯持ちの子どもたちにお菓子を振る舞うのが私たちの役目。1回目の太鼓、2回目、3回目と振る舞うものが代わり、プリンやらお餅やらおにぎりやらドーナツやら、何種類も100個単位で用意されている。

Img_9407

10時前に1回目の太鼓。提灯を持つ子どもたちの中にはハプンの常連も多くて嬉しくなる。
2回目が11時半頃。3回目は1時頃で、1時間以上太鼓を鳴らす。

最後は着物を着たお嫁さん(郷ちゃん)が登場し、盛り上がりもピークに。「婿さん脱げ!」で脱いだ川本君も一緒に太鼓を叩きまくっておりました。

直前まで土砂降りだった雨も上がって、満月。それから更になんだかんだあって、隣の空家で就寝したのが3時半頃。喜怒哀楽が詰まった長い一日。

|

« おてらハプン!2015 | トップページ

event」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。